どんな鍵でも対応OK!!すぐに作業員が駆けつけて鍵を開けます!!

カギは自分自身。生体認証って便利です!

様々な場面で活躍する生体認証

“カギは自分自身。生体認証って便利です! みなさんもよく知る銀行のキャッシュコーナーや、スマートフォンなどの携帯電話機で採用されている生体認証システム。
今、この新しいセキュリティシステムに注目が集まり、今後さらなる広がりを見せていくと考えられています。

生体認証とは、人体の身体的特徴を情報として取り込み、個人認証のツールとして使用するセキュリティシステムのことです。
現在では、さまざまな生体認証システムが編み出されており、一部ではありますが実用化もなされています。この流れが続けば近い未来、家の玄関扉や自動車、金庫などありとあらゆる場所において自分の身体的特徴がそのままカギとして使用できることになるのかもしれません。

認証に使われる部位は多種多様

現在のところ、生体認証においてもっとも私たちに馴染み深いのは「指紋認証」でしょう。
もともと、現場検証における証拠などとして利用され、その信憑性が高いことが着目されている、個々人が固有の形態をもつという特徴をもった指紋をセキュリティの解除認証に使用するという手法は、まさに生体認証の王道であり、実際に実用化されている案件ももっとも多いと考えられています。

現在の主流である通常のカギは、紛失や盗難、さらには不正コピーとったようなさまざまな問題を持っており、このことがセキュリティー性能を下げるとともに利便性を失わせる結果となっていることはご承知のとおりです。
それが、指紋をはじめとする生体認証であれば「うっかりカギを忘れてきた」などということ起こり得ないのです。まさに防御性と利便性を兼ね備えた新しいスタイルの「鍵」なわけです。

その他にも網膜や虹彩、静脈パターンの登録システムや、顔認識、声紋認識に始まり、果ては歩き方やまばたきのパターンまで、現在では個人を特定する方法が数多く開発されていおり、生体認証の幅も大きく広がってきています。
最終的にはDNAパターンの登録という究極の個人情報認証システムまで研究されているというのですから驚きですね。

生体認証のこれからの課題

しかし、手放しで喜ぶにはまだ時間がかかるようです。
なぜなら、多くの生体認証システムは、安全性において今の段階では決して万能というわけではないようなのです。

価格も安価な家庭用として私生活レベル使用する目的で開発された指紋認証システムを例にしていえば、残留指紋をゼラチンなどの特殊フィルムに転写することにより、容易に複製を作成、システム通過が可能であると証明されてしまっていますし、ほかの認証システムもなんらかの不正通過が可能であることが実証、あるいはその可能性の指摘がなされています。

また、認証そのものについても、その精度にまだまだ改善の余地があるようです。せっかく便利な生体認証ですが、登録した本人を承認しないようでは本末転倒となってしまいます。
もちろん、それでもセキュリティー性能と利便性の高さを考えると、今後も開発が続いていくであろうことは、容易に想像がつきます。私たちの生活からあの見慣れた形の鍵はもとい、全ての物からカギ穴が消える未来が、もうすぐそこに来ているのかもしれません。

早く・安く・カギのトラブルを解決します!! フリーダイヤル:0120-951-920