どんな鍵でも対応OK!!すぐに作業員が駆けつけて鍵を開けます!!

郵便ポストが危ない!個人情報を含む郵便物のセキュリティは大丈夫!?

郵便ポストのセキュリティの情弱性

郵便ポストが危ない!個人情報を含む郵便物のセキュリティは大丈夫!? 1人暮らしをしている女性は、特に防犯の意識を高く持つ必要がありますが、意外に見落としがちなのが郵便ポストのセキュリティです。その中で「もしかして郵便物が盗まれているかもしれない」という声も聞こえてきます。

最近の郵便ポストは大抵、ダイヤル式のカギが備え付けられており、一見すると安全に見えますが、実は手放しで信用できない面もあることをご存知でしょうか。

ダイヤル式の郵便ポストのカギは、ある一定のパターンでダイヤルの回転を繰り返していると簡単に開いてしまうことがありますし、それ以前に、上下に隙間などの開いているタイプの物では、何か細くて挟めるトングの様なもので、簡単に中身を取り出さすことができるものもあるのです。

郵便ポストの中には、携帯やクレジットカードの明細書など、他人に漏らしたくない個人情報が含まれている書類も届くため、それらについてはWeb明細などを利用することで、漏えいを防ぐことも可能です。
管理会社や自分で鍵屋さんに依頼してダイヤル錠の部分を交換することも有効です。いずれにしても郵便ポストのセキュリティについてしっかりと考える必要があると言えるのです。

防犯対策の意外な盲点!郵便ポストのカギはそのまま使われている?

例えば、賃貸マンションやアパートの鍵というものは、基本的に入居者が変わる度に交換されることがほとんどです。

前に部屋を利用していた人がどのようなカギの管理をされていたかわかりませんし、万が一、外部に合鍵が流失しているような事態があった場合、侵入窃盗などの被害にあう危険性が高いため、防犯対策として、カギの交換を徹底的に義務付けている管理会社が大半を占めているわけですが、
実は、この郵便ポストの鍵については、住む人が変わっても交換されずにそのまま引き継がれるというケースが非常に多いのです。

おそらく、賃貸物件の管理者は、郵便受けを部屋の中に設置されているエアコンなどの設備と同様に位置づけており、カギの交換の必要性をあまり感じていないことが原因ですが、これは防犯上良くありません。
しかし、管理側から見てみると、できるだけ設備にかかる費用は抑えたいと考えているものなのです。

不動産会社との円満なお付き合いが重要なポイント

お部屋を借りて賃貸暮らしをする場合、物件を探す時はもちろん、ココ!と決めて住み始めてからも設備の故障やその他の不具合など相談など、なにかと管理会社や不動産会社とお付き合いをすることになるでしょう。
ですから、そんな時に相手に気持ちよく対処してもらって、安心して生活を送る環境を整えるためには、管理会社と上手に付き合うことが大切になります。

郵便ポストのカギを変えて欲しい場合も、「危ないじゃん、変えてよ!」と上から目線でお願いするのではなく、自分の感じている不安をしっかりと説明して相談したほうが円滑に進む場合が多いでしょう。
そのためには賃貸を管理している不動産会社にはどんな仕事や役割があって、どこまでしてもらえるのかといったポイントを予め知識としてつけておくとこのような時に何かと便利です。

賃貸に住む以上、日々起こり得る、多種多様なトラブルに設備として対処するためには管理会社との連携が必要不可欠です。
より安全で快適な暮らしを送るためにも、是非とも実践していただきたいと思います。

早く・安く・カギのトラブルを解決します!! フリーダイヤル:0120-951-920