どんな鍵でも対応OK!!すぐに作業員が駆けつけて鍵を開けます!!

自宅のカギを失くしてしまったらこんな方法で解決

悲劇はある日突然やってくる

自宅のカギを失くしてしまったらこんな方法で解決 自宅のカギを失くしてしまった時のショックというものは当事者以外には計り知れないものです。
最初は「まさか」と信じられないでしょうが、じわりじわりと冷や汗が滲み出るようにゆっくりと、しかし確実大きくなっていく精神的ダメージを感じることしょう。
誰だって好きで大切な自宅のカギを失くすわけではありませんし、そんな事実は受け入れたくありません。

しかし、起きてしまったことは仕方ありません。気持ちを切り替えて、速やかに然るべき対処をとるように心がけましょう。
ここでは、万が一自宅のカギを失くしてしまった時にどうすればいいのか、その方法を考えていきます。
前もって知っていることがあれば、いざという時にきっと役に立つはずです。

まずは落ち着くことが大事

人生80年とも言われる中で、自宅のカギを失くしてしまうという経験は、滅多にありません。
せいぜい生きている内に1度経験するかしないかです。ですから、カギを失くすことに慣れている人なんていませんし、いざその状況に置かれた時には、軽いパニックを起こしても仕方のないことです。しかし、気持ちが動転して冷静さを失ってしまっては、見つかるものも見つかりません。

1人の場合には、誰かに電話しても良いですし、とにかく心を落ち着かせることが最初にやるべきことだと言えるでしょう。大きく深呼吸をして、冷静さが戻ったら、もう一度ゆっくりじっくりと、カバンの中身をくまなく調べてみましょう。これによって思わぬところからカギが出てくることも少なくないのです。

自分の行動を振り返る

もし、それでも見つからなかった場合、今度はここまでの自分の行動を振り返ってみましょう。最後にカギを見たのはいつか。それからカギを失くしたことに気づくまでの間、どんなところに行って何をしたのか。その中でカギを落とす可能性があるとしたらそれがどこでどんなタイミングか。
いくつかの仮説を立ててその場所に探しに行ってみるのも良いでしょう。

ただし、電車やバス・タクシー、コンビニや居酒屋など、電話して聞けるところには直接探しに行くのではなく、電話でカギの落し物はないか聞いてみましょう。その時はなくても、後から見つかることもあるので、より多くの場所にカギを失くしたことを伝えておいて損はないはずです。しかし、自宅から離れていて、往復するのに2時間も3時間もかかるような場所へは、戻るのは諦めましょう。その理由は後ほど。

交番へ行く

これで見つかればラッキー。相当運が良いと言えます。しかし、現実的にその可能性は決して高くありません。
自分で考えられる場所を探しても見つからない時には、「もう見つからないかもしれない」という覚悟を決めて、最寄りの交番へ行きましょう。
ここで紛失届け出せば、万が一誰かが拾って届けてくれているかもしれませんし、すぐに出てきなくても見つかれば必ず連絡がきます。

とにかく自宅に入り、カギを交換する

例えば、帰ってきた時間が深夜など夜遅い、なおかつ1人暮らしで合鍵もないという状況だったら、「自分が入れないんだから誰も入れないだろう」という考えでとりあえず何処か別の場所で一夜を過すという方法も考えられます。お酒を飲んでいい感じに酔っ払って帰ってきたのであればなおさら、一刻もはやく横になりたいという気持ちも良くわかります。でも、もし、落としたカギを悪意を持った人間に拾われて自宅までつけられていたら。

もしくは、そもそも失くしたのではなく盗まれていたとしたら。あなたが家にいない時間が長ければ長いほど、留守を狙って悠々とカギを開け、中を物色されてしまうということも考えられるのです。ですから、誰かスペアキーを預けている人がいるのなら連絡をして持ってきてもらうか、なければ、鍵開けの専門業者にお願いしてカギを開けてもらいましょう。彼らなら大抵のカギであればカギが無くてもすぐに開けてくれます。そうやってどうにかして自宅に入りましょう。

そして、すぐにカギを交換することをおすすめします。できるだけ早いほうが望ましいです。それはなぜか。もしかしたら、2~3日後に落としたカギが見つかるかもしれません。そうなったらカギを変えることが無意味のように思えますが、決してそんなことはありません。1~2日もあれば、合鍵を作ることくらいさもないことですから、時間が経って見つかったカギはすでに複製されてしまった後かもしれないのです。そうやってわざとカギが見つかったと安心させて、その隙を狙っているということも十分に考えられるのです。

ですから、すぐに見つかったというケース以外では、カギを交換したほうが安心です。アパートなど賃貸に住んでいる場合は、大家さんに事情を話して早急に対応してもらいましょう。 自宅のカギを失くした後に、カギを変えずにいた事で、盗難や強盗の被害にあってしまったという事件は現実に起こっていることなのです。もちろん、カギを失くさないことが1番ですが、万が一の時のことを考えて防犯意識を高く持つことで、被害を最小限に留めることが出来るのです。

早く・安く・カギのトラブルを解決します!! フリーダイヤル:0120-951-920