どんな鍵でも対応OK!!すぐに作業員が駆けつけて鍵を開けます!!

キーレスエントリーの落とし穴

“キーレスエントリーの落とし穴 現代の自動車には当たり前のように搭載されているキーレスエントリーシステム。
従来の自動車のようにカギ穴にカギを入れなくても、ボタンを一つ押すだけで開錠、施錠ができますから使い勝手としては非常に便利なキーシステムだと言えるでしょう。

しかし、このキーレスエントリーの落とし穴を見つけてしまいました。
しかもその落とし穴はいくつか存在しており、中にはかなり重大な落とし穴も含まれていますので、今回は便利なキーレスエントリーの見落としがちな注意点についてお話したいと思います。

【電池が切れたら一大事】

その落とし穴の中でも最大のものであるのが、キーレスエントリー本体の電池切れという問題です。
キーレスエントリーは赤外線などの送信を行うことによって車のカギを開け閉めするものですから、カギの中に内臓されている電池がなくなってしまうと当然のことながら赤外線を送信することができませんので自動車のカギが開かないという状態になってしまいます。

そして、これを使用している人間が知る術がないものがほとんどという現状があります。
加えてキーレスエントリーを使っている人は、それだけを持ち歩いているというケースが殆んどで、カギ本体を持っていません。
もし、施錠をした後に長時間車を止めていて、その間に電池切れになってしまったら、車のドアをあける方法が無くなってしまうので、特に、遠出の際などには一大事に発展してしまうこともあるでしょう。

このような最悪のケースでは、近くにお手持ちのキーレスエントリーに対応した電池が売っている所があれば、交換もできますが、ホームセンターなり、鍵屋さんなり、そこまで移動する手段が徒歩しかありません。
さらに、もし財布などを車に入れっぱなしだったら・・・鍵屋さんに頼んで自動車のロックを開錠してもらうという方法しかありません。

【解錠にはボタンを押す動作が必要】

また、キーレスエントリーはスマートエントリーに比べて開錠や施錠のボタンを押さなければならないという欠点があることから、必ず片手を使わなければなりません。
もし重たい荷物を持っていたとして、ポケットからわざわざキーレスエントリーを取り出すという動作を行わなければなりませんから、それもまた手間をかけてしまいます。

便利そうに見えても、鍵穴にカギを挿して回すという行為が省けるだけで、ドアの解錠に必要な動作は、普通のカギとそれほど違いがないという点に気づいていない方も、意外に多いのではないでしょうか。

傍から見てみるとキーレスエントリーはかなり使い勝手が良いと考えられますが、実際に使ってみるとその便利さの反面、色々な落とし穴が見えてくるものです。
物事には一長一短がありますのでキーレスエントリーの短所は仕方の無いことかもしれませんが、それを望んで使用する以上はその落とし穴に落ちないように賢く安全に使って行きたいものですよね。

どんどん便利になっていくカギ。
使い手もその利便性を最大限に生かすためのしっかりとした知識をつけていきましょう

早く・安く・カギのトラブルを解決します!! フリーダイヤル:0120-951-920