どんな鍵でも対応OK!!すぐに作業員が駆けつけて鍵を開けます!!

カギを失くしたら交換したほうがいいわけ

カギだけ複製することの危険性

“カギを失くしたら交換したほうがいいわけ カギを常時持ち歩いている人であれば、そのカギをなくしてしまったことのある人は割と多いのではないでしょうか。
さて、そんなカギをなくしてしまった時の対処法として、合鍵を複製してそれを再び使い始めるということをするケースが意外と多いものです。これはある意味合理的な方法だとは思いますが、一般的にはカギをなくしたらシリンダーごと交換をしたほうが良いと言われています。一見すると、カギだけ交換すればいいようにも思えますが、これはなぜなのでしょうか?

実は、もしカギを失くしたとすれば、そのカギはこの世から消え去ってしまうわけではなく自分の見当のつかないどこかに存在していることになります。
ですから、もしかすれば悪意のある自分の身の回りの人が持っている可能性もありますし、他人であったとしても人の住居へ勝手に入ろうとしてくる人が所持している可能性すらあると言えるです。
そう考えた場合、その不法に所持されたカギを使用して自宅に侵入されてしまう可能性が十分あるのです。そのような点が、カギをなくしたらシリンダーごと交換をしたほうが良いという理由になります。

「落としたのだから、そのカギがどこのカギだか拾った人間にわかるわけがない」という意見もあるでしょう。
もちろん、本当に落としてしまったのなら、その可能性が大でしょう。しかし、確実に「落とした」と誰が言えるのでしょうか。落としたのがわかっているならその場で拾えたはずです。
そういうわけで行方の分からないカギは錠前ごと交換することを強くおすすめします。

万が一に備えて、シリンダーごと交換しましょう

 錠前を交換するにあたって、シリンダーというのはカギの内部構造のことですから、これを交換するとカギ自体を変更することになりますので、もうなくしてしまったカギはその鍵穴で一切使えなくなります。
そうすると、もし自分のなくしてしまったカギを悪意のある第三者が持っていたとしてもそれを悪用される心配をしなくてもよくなるのです。起こる可能性の低いことを心配してストレスを抱えて暮らすくらいなら、始めから交換してしまったほうが、よほど楽な気持ちになれますし、何よりもそれが安全なのです。

ですから、もし過去にカギを失くしてしまったのに、シリンダーの交換は行わずにそのまま使用している人はちょっと危険ですので、不法な侵入者に気をつけておいたほうがいいでしょう。
具体的にどのように気をつければいいのかと言われるとその方法が思いつきませんが、それでも使い続けるというならば、それ相応の覚悟が必要です。

そんな危険なことはないと高を括っていると、いつか空き巣に入られたりその他の理由で勝手に自宅に誰かが侵入するという事件が起こりかねません。そのようなことがないようにするためにも、カギをなくしたとすればその内部構造であるシリンダーからの交換を行うことを強くお勧めします。

早く・安く・カギのトラブルを解決します!! フリーダイヤル:0120-951-920